[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

60. ggf


[ < ] [ > ]   [ << ] [ Up ] [ >> ]         [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

60.1 Functions and Variables for ggf

オプション変数: GGFINFINITY

デフォルト値: 3

これは関数 ggfのオプション変数です。

母関数の連分数を計算する時、 (厳密に) GGFINFINITYより大きな次数を持つ部分商は捨てます。 現在のコンバージェントは母関数の正確な値として考えられます; 部分商すべての次数はたいてい 0か 1です; もしより大きな値を使うなら、十分精度の高い計算を行うために十分な項を与えるべきです。

ggfも参照してください。

Categories:  Package ggf

オプション変数: GGFCFMAX

デフォルト値: 3

これは関数 ggfのオプション変数です。

母関数の連分数を計算する時、もし GGFCFMAX個の部分商を計算した後、よい結果が見つからないなら (GGFINFINITYフラグを参照してください)、 母関数を2つの多項式の分数でないようにみなし、関数を抜けます。 もっと複雑な母関数のためにより大きな値を自由に入れてください。

ggfも参照してください。

Categories:  Package ggf

関数: ggf (l)

(もし母関数が2つの多項式の分数なら) 与えられた最初の数項に対する数列の母関数を計算します。 lは数のリストです。

解は2つの多項式の分数として返されます。 解が見つからなかったら doneを返します。

この関数はグローバル変数 GGFINFINITYGGFCFMAXで制御されます。 GGFINFINITYGGFCFMAXも参照してください。

この関数を使うには最初に load("ggf")と書いてください。


[ << ] [ >> ]           [Top] [Contents] [Index] [ ? ]

This document was generated by 市川雄二 on June, 5 2017 using texi2html 1.76.